長白仙参(ちょうはくせんじん)のCM & WEBムービーをご紹介!

当サイトでは、これまで長白仙参についてご紹介してまいりました。

長白仙参を作っている再春館製薬所についてや

長白仙参の副作用などの記事がありますので、

まだ読んだことがない方は、ぜひそちらを参考にしてみてくださいね。

さて、今回は少し気分を変えまして。

再春館製薬所の長白仙参に関するムービーをご紹介していきますね。

【長白仙参(ちょうはくせんじん)】 マリオネット篇 120秒

<https://youtu.be/Wjj4HJ-Kqro>

まず最初に、ご紹介したいのがこちらのムービー。

操り人形を人に見立てて、年齢による身体の衰えを表現しています。

途中で糸がプチンと切れてしまうところは、実にうまい具合にできています。

背筋をピンと伸ばして歩けていたのに、グラッとしてしまうシーンでは

「自分もそうだ…!」と思う人も少なくないでしょう。

その後、再春館製薬所の研究員さんにシーンが切り替わります。

人の骨が生まれ変わるのには7年、関節は半分生まれ変わるのに100年以上!!

しかし、筋力は48日という図表を使って表しているので、とてもわかり易い説明になっていますよね。

【長白仙参(ちょうはくせんじん)】 足あげてダンス♪篇 30秒

<https://youtu.be/UMLjnyTbWvM>

続いて紹介したいのは、リズミカルに踊るのが特徴的なCMです。

使われているBGMはロシアの民謡「コロブチカ」。

日本ではフォークダンスの音楽としても使われていますが

その耳馴染みのよさから、長白仙参のみならず様々な企業のCMでも使われていますよね。

長白仙参の持っている”年齢筋力応援”とロシア民謡「コロブチカ」

を結びつけたのはうまいなとおもいました。

筋力がなければダンスを踊ることはできませんよね。

まさに、年齢筋力を応援するアイテム「長白仙参」にはピッタリのCMです。

「大切なことに気づける」 ~母とのぼる階段~

<https://youtu.be/99qCnkwHYtE>

最後にお伝えしたいのが母と子の歩みを描いた~母とのぼる階段~

ムービーはある親子の、年月の流れを表しています。

ストーリーは昔は元気だった母が年老いていき、以前なら難なく登れていた階段が

年をとってしまい、登るのが厳しくなってくる……というもの。

主演のはるこ役を勤めているのは、佐藤みゆきさん。

佐藤みゆきさんはナレーションも担当されていますよ。

個人的にこの動画は、泣けるCMとしても高く評価をしたいです。

あなたも、自分の母親と重なってしまう部分が多かったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、長白仙参のCM3本をご紹介致しました。

自分が小さい頃に元気だった父や母も歳を重ねればおじいちゃん・おばあちゃんになるでしょう。

とはいえ自分の親にはいつまでも、若々しく元気でいてほしいですよね。

敬老の日プレゼントとして、日頃の感謝の気持ちを込めて長白仙参をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です