長白仙参(ちょうはくせんじん)で筋力の衰えを解決!

筋肉の衰えは性別に関係なく、年齢と共に減少していくことをご存じですか?

年齢を重ねると、肌や髪の毛と同じように、筋肉にも衰えてきたことを身に染みて感じるようになります。

筋肉が低下することで、太りやすくなったり、疲れを感じやすくなるなどいろんなデメリットが現れます。

今回は、年齢による筋肉の減少を解決する3つのメソッドを紹介します。

解決策の前に

解決策の前にまずは年齢によってどの筋肉が衰えてくるのかチェックしてみましょう!

高齢になっていくにつれ、筋肉を数日動かさないと、想像以上のダメージを受けることになります。

高齢者の方が病気などで一週間ベッドに寝たきりになれば、元の筋力や体力を取り戻すのに一カ月以上はかかると言われていますよね。

怪我をした時、若い時と比べると治りが遅くなってくるのと同様に筋肉の治りも悪くなります。

そんな中でも使わなければすぐに衰えてしまう筋肉とはどの部分でしょうか。

足腰の筋肉

一番初めに衰えてくるのは足の筋肉です。

足は第二の心臓と言われるほど大事な体の一部。

そして足に衰えがくるとそこから一気に体全体へ進んでいってしまいます!

やっぱり自らの足で動いて活動するのは大事なことですよね!

心臓の筋肉

心臓も筋肉でできていることをご存じでしょうか?

年を取ると体力の衰えと言われますが、正確には心臓が衰えたことから体力が落ちたと感じるのです。

運動した後に、心臓がドクドクと動きますよね?

その音こそ心臓の筋肉が動いている証拠!

なので年を重ねるごとに運動しなくなった心臓の筋肉は衰え、やがて少しの運動でも息が上がってしまうほど弱ってしまいます。

その他の筋肉

他にも日常で衰えを感じるところはあると思います。

例えば年齢と共におなかが垂れてくる、女性の場合だと胸が垂れてくる、そういったことも筋肉が落ちてきている証拠です。

↓↓おすすめ筋肉サポート材↓↓長白仙参(ちょうはくせんじん)

3つの対策

それでは、年齢に負けず筋肉を維持していくにはどうしたらいいでしょうか。

こちらでは筋肉を維持するためにおすすめの方法をご紹介します。

ジョギング

普段から運動していれば問題ありませんが、仕事や家庭でなかなか運動できていない方にとって筋肉への急激な負担は、逆効果です。

では、どうしたらいいのでしょうか。

答えは、簡単な運動を毎日行うことです。

その中でもおすすめなのがジョギング

ジョギングは身体への負担は小さいですが、足腰や心臓をしっかりと使うことができます。

そして、腕を振ることを意識することで

上半身の筋肉や背中の筋肉といった他の筋肉

まで補ってくれます。

また、ジョギングすることで足から刺激を脳が受け認知症予防にもなっているんです!

ラジオ体操

筋力をまんべんなく鍛えるのはもちろん、深呼吸を意識的に行うことによって、かなり心肺機能が鍛えられます。

筋力と心肺機能の強化の二役を完ぺきにこなしてくれる体操なんです!

卓球

反復運動によって足腰に丁度いい負担となり、筋肉の維持強化を補ってくれます

実はボケ防止を目的として中高年に人気のスポーツでもあります。

野球やサッカーといった過度な運動量をせず、ゆっくりと自分のペースで試合もできることから注目を浴びています。

↓↓おすすめ筋肉サポート材↓↓長白仙参(ちょうはくせんじん)

最後に

それでも食生活などによっては、必要なアミノ酸を摂取できず、あまり筋肉の維持につながっていないことがあります。

それを補うためにおすすなのが、当サイトで紹介している「長白仙参(ちょうはくせんじん)」です。

体づくりに欠かせない必須アミノ酸が入っており、筋肉維持の手助けをしてくれます。

無料のお試しセットもありますので是非一度試してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です