長白仙参の主な成分と摂取可能な栄養素を徹底検証

再春館製薬所の長白仙参。

再春館製薬所=ドモホルンリンクルのイメージが強い人が多いことでしょう。

正直なところ、ドモホルンリンクルのCMはたくさん見かけますが、

長白仙参のCMはあまり見かけませんよね。

だから、「長白仙参の名前はちょっと聞いたことがあるけれど、

よくわからないから、手を出せない……」と思う人は多いのではないでしょうか。

長白仙参は食べるものですから、成分についてはしっかりと抑えておきたいところです。

今回は、長白仙参の主成分と栄養素について紹介していきます。

長白仙参の栄養成分をご紹介

まずは、長白仙参に含まれている栄養成分をおさえておきましょう。

長白仙参1本の栄養成分以下のようになっています。

栄養素

エネルギー 12.5kcal、たんぱく質 0.74g、脂質 0g、
炭水化物 2.3g、ナトリウム 4.8mg、アミノ酸 1,000mg、長白参エキス 250mg

体重が気になる女性には低カロリーなのはウレシイところですよね。

さて、この中で気になる成分のひとつに”長白参エキス”があるのではないでしょうか。

一体この、”長白参エキス”とは何なのでしょう?

次の項目で詳しく説明していきます。

長白仙参の商品名の由来、長白参とは

長白仙参の原料には、高麗人参である”長白参(ちょうはくじん)”が使われています。

この長白参はとても貴重なもので、長白仙参には7年ものの長白参しか使われていません。

長白参は中国東北部にある長白山脈で作られていますが、ここで驚くべきは長白参が栄養を吸収する力です。

なんでも、長白参を作っていた畑では収穫後30年は畑が使えなくなってしまうのだとか……。

長白参の栄養のすごさが、おわかりいただけたのではないでしょうか?

長白参の作用としては

  • 血行を良くする
  • 細胞が活性化する
  • アミノ酸のサポート

が期待できます。

長白仙参を知るもう1つのキーワード必須アミノ酸とは?

さきほど、長白参の作用にはアミノ酸のサポートがあると述べました。

長白仙参に含まれているもう1つの成分が、必須アミノ酸です。

必須アミノ酸は私達の体に必要なものですが、体内では直接作ることができません。

では、どうすればよいのかというと必須アミノ酸が含まれている食事を摂ることがポイントとなってきます。

正直ちょっと厳しいと思いませんか?

けれど、長白仙参には以下の9種類の必須アミノ酸が配合されています。

必須アミノ酸

ロイシン・イソロイシン・トレオニン・トリプトファン・リジン
ヒスチジン・フェニルアラニン・メチオニン・バリン

長白参エキスとこれらの必須アミノ酸があなたの筋力回復をサポートしてくれるので衰えていた筋力アップが期待できるのです。

まとめ

今回は、長白仙参の主成分・摂取可能な栄養素についてご紹介致しました。

長く健康でいるために、健康食品を上手く取り入れることも大事ですが、やはり運動や規則正しい生活も忘れてはいけません。

長白仙参はあなたの体内に眠る力を引き出す商品です。

せっかくお金を出して長白仙参を使い始めるなら、きちんとした生活を心がけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です